栃木県小山市パソコン修理・データ復旧・ホームページ制作

パソコン修理・データ救出COMSAS

 0285-29-6550

営業日 平日9:00~17:00 土日祝祭日休み

IT保守管理 サポート事例 パソコン修理データ復旧 情報

WindowsアップデートでMicrosoftアカウントでサインインが表示された

投稿日:2020年5月17日 更新日:

windows10アップデート

windows10アップデート2

 

Windowsアップデート後に「Windowsへようこそ」「Microsoftアカウントでサインイン」が表示されるという問い合わせを受けることがあります。

会社にもよるでしょうが、サポートに伺うと現在はまだ会社で使用する場合にMicrosoftアカウントではなくローカルアカウントで使用する方が多いように感じます。もちろん、それはパソコンに詳しい担当様がいる場合ですが・・・

もしも表示された場合は「今はスキップ」もしくは2番目の画面が出ている場合は「キャンセル」でWindowsのデスクトップを表示させてしまっても問題ありません。

Windowsストアでアプリケーションを購入する場合などには使用しますが、そのような場合にはネットワーク管理者に確認するのが良いでしょう。

 

ちなみに個人様で購入したパソコンの場合は、パソコンを買った時に最初にマイクロソフトアカウントを設定(登録)したと思いますので、そちらを入力することになります。

マイクロソフトアカウントはクラウドサービスなど色々便利な面もありますが、その分マイクロソフトに個人情報を共有しなければならないということだけは覚えておいてください
(すでにGoogleやAppleにはスマホを使っている方なら、それなりに個人情報を収集されてますので、そこまで驚くこともないかもしれませんね)

(ご参考:マイクロソフトが収集している情報

私の様に個人で買ってもMSアカウント(取得はしてます)を使わないでローカルアカウントで使っている人もいると思います^^

 

 

恒久処置はこちら(※恒久じゃないかも・・・)


 

1)設定 → システム → 通知とアクション

2)下図のようにチェックを外す
・新機能とおすすめを確認するために・・・ のチェックをはずす
・Windowsを使う上でのヒントや・・・ もついでにチェックをはずす

windowsへようこそ恒久対策

 

2020.6.6追記

ここのチェックを外しても表示される時があるようです。今朝リモート作業で確認したお客様のパソコンは既に上記がはずれているにも関わらず表示されていました。すみません。ほかに方法がございましたら逆に教えてください

 

 

 

 

この記事が参考になりましたら、下記の「いいね」クリックにご協力ください

 

>>Amazonのタイムセール

記事内サポートメニュー

  パソコン・サーバー・ネットワーク・ホームページ保守管理

パソコン修理問合せ

メニューバナー

パソコン・ホームページ保守管理-栃木県小山市
栃木県小山市-パソコン修理設定
栃木県小山市-データ復旧救出
栃木県小山市-ホームページ制作

-IT保守管理, サポート事例, パソコン修理データ復旧, 情報

Copyright© パソコン修理・データ救出COMSAS , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.